sakush0’s blog

It's in the doing that the idea comes

エリオットアーウィット展に行ってきた。

パリ生まれの写真家、エリオットアーウィットの写真展に行ってきた。

 

彼の存在を知ったのは写真集が家にあったこと。

母親が彼の代表作が好きでこの写真集を買ったらしい。

f:id:sakush0:20170405202734j:plain

これ。

素敵ですよね。

 

ストリートフォトに興味持たなかったらこの写真の良さにも気づくことはできなかったのかな。視野は常に広く持つことが大切ですね。

 

f:id:sakush0:20170405202903j:plain

 

こんなベストタイミングなんて人生で1回あればすごいです。

車に入ったヒビと子供の目が重なった瞬間。

この子の心の中を映し出しているようで、不安を感じさせる。

けどこの構図にどこか力の抜けるクレバーなユーモアを感じる。

 

いまやっている展示会のタイトルも「ウィットアンドユーモア」。

まさにこの人の写真は、どのようにアーウィットがその瞬間を捉え、一枚の画像にその人の人生や生き方を真実として表現しているかが見ていて楽しい。

 

しかも記憶に残りやすい気がするんだよな。

 

artgallery-m84.com

 

銀座駅から徒歩の距離のところで4/15までやっているので時間があればぜひ。

会場狭いので一人でしっとり彼の世界観に浸るのがおすすめです!

 

白黒の訳

どうもみなさん。お久しぶりのブログです。

勉強が全くはかどりません。It's all my faultなんですが笑

やばいですこの状況。

わかってます。しかし体が違うことをするんですねぇ。

俗に言う「やる気がでない」状態です。

 

そんな最近を過ごしているのですが、今日は写真について書こうと思います。

www.instagram.com

 

やっとフォロワー様が500人突破しました。

これからですね。

しかし日本人からは全然コメントが来ないですね笑

外人さんからは構図がいい、素晴らしいコントラストだ。などのコメントをいただき喜んでいる訳ですが、日本人からはまったくこないです。

これはいいことなのか、悪いことなのか。

 

 

そして本題の「白黒の理由」です。

 

まずフィルムカメラで撮って、その独特の表情がいい。という評価をしている人への批判です。批判というよりも本来のフィルムの能力を示したい。という方がわかりやすいでしょうか。もともとのカメラというもの自体、この世界にはフィルムしか存在していなかった時代があります。デジタルより前は露光時間も長く、一つの写真にかける思い、時間は長かったことを知ってほしいです。

 

どういうことかというと、デジタルの写真を見慣れてしまった人々は、フィルムで撮った時の淡い感じをフィルムのいいところというふうに勘違いしているのです。それは圧倒的なミスです。感度(iso)、シャッタースピード、絞り。写真の質を決めるのはこの3点です。フィルムでは撮った直後にどんな写真が撮れているのかがわからないのが欠点でもあり、現像する時の楽しみでもあります。

 

しかし実際に現像して、おおーこれがフィルムか!

と感動しているあなた。

大きなミステイクですよ。

 

それは先ほどの3点がうまくいっていない証拠です。

 

じゃあうまくいってたらどうなるか。

そう、デジタル並みにいい写真が出来上がるのです。

しかも三脚を使わず、1枚しかその被写体にシャッターを切っていないならば、その人がデジタルを使ったら化け物になるでしょうね。

デジタルと同じくらい綺麗に撮れるはずのフィルム。

残念ながらそれをわかっている人はかなり少ないと思います。

実際、完全機械式のカメラをデジタル使っている人に持たせたらほとんどいい写真にはならないでしょうね。なぜか。自分がその経験があるからです。

 

今フィルムで撮るからこそ、故人ヴィヴィアンマイヤー、リチャードアベドン、ダイアンアーバス、、、などなど著名カメラマンの凄さがわかる訳です。

 

 

さてこれだと白黒に関しては何も触れていないですね。

 

そう、白黒にすると、どんな写真もぽくなるって?

それも大きな間違いです。

白黒にすることによって、つまり彩度を0にすることでその写真がちゃんと撮れているかどうかがわかる訳です。

では実際に僕が撮ったものを比べてみましょう。

 

初めの2枚が失敗、後の2枚が一応!成功笑

ということにしましょう。

 

実際にもっと上手い人はもっと綺麗に撮ります。そこはご了承ください。

 

f:id:sakush0:20170331194305j:plain

f:id:sakush0:20170331194304j:plainf:id:sakush0:20170331194300j:plain

f:id:sakush0:20170331194309j:plain

 

①枚目はいい表情のおじいさん。構図もバッチリ。長年着ているコートがこの人と完全にマッチした雰囲気。どこを眺めているのか、どこか心配そうだけど、この土地に慣れている感じですね。しかしピントが合っているとはいえない。

 

②枚目はピントはしっかりとハリーウィンストンにあっているので絞りをもっと開いた方が良かったかもしれません。本来なら女性のバッグのバックルの様子などまで見えるはずです。

 

③枚目は信号無視シティ、ニューヨークならではの光景でしょうか。どこで待っているんだと。彼らには信号は関係ありません。車側もそれを理解していて、人が渡っているとちゃんと止まってくれます。多様な文化から成り立っている国だからこそ色んな人が色んな方向を向いている感じが撮りたかったのです。マンハッタンの縮図とはいかないもののそのような、、kind of です。ダウンの表情や後ろのジャケットのシルクの感じがよく写っています。

 

④枚目はパジャマだろって感じなのに決まっちゃう外人さん。地図を見ながら歩いていたのでニューヨーカーではありません。服の生地の具合がよくわかります。左の女性が眉間にしわを寄せ悩んでいることがわかります。後ろには観光バスがぼやけて見えます。この時は絞りは3.5でした。被写体深度が浅いとこんな感じに前と後ろでコントラストができて普段の人間の目に少し近い感じでしょうか。被写体を真ん中に配置し、王道のコンポジションです。

 

さあ違いがわかりましたでしょうか。

白黒がごまかせるって思っている人へ。

 

逆です。

おそらく下二枚はフィルムで撮ったと言われないとデジタルの画像に見えると思います。これでこそカメラを使いこなし、カメラが好きで、写真が好きな人だと思います。

 

僕の価値観でものを述べさせてもらうと、好きならとことん好きでいてほしい。

 

適当にカメラが好きとか言わないでもらいたい。

 

これからもカメラワークに励んでいきます。

デジタルに負けない写真を追い求めて。

 

フィルムで撮る理由もいつか言語化しますので、その時まで。

ではまた。

記憶、忘却

昨日記事で書いたこと。

その場所であることを思い出したり、想起させることに意味がない。

みたいなニュアンスのことを書いた気がする。

意味がないというより、それをコンセプトとすることの意味は建築を建てる際に主になることは滅多にないのではないか。

というふうに言い換えた方がいいかもしれない。

 

墓という用途、墓地という場所がそれが存在しないときよりその場所を豊かにする可能性はあまりないのではないかと思うのである。

そもそもお墓の意味って。精神の魂と肉体の魂が別々に宿ることを目的としてるものであり、土に返すのは肉体の魂のみ。精神の魂は天に還る。

なんてことは宗教チックで無神教の僕には何もわかりません笑

 

まあ何にしても死者を大切にすることが生と死を考えるための場所を与えるのである。と自分は考える。

 

さて何が言いたいかというと、2011年のあの事件である。

同時多発テロの後の9/11メモリアルの慰霊碑に関しての感想をあるサイトで見つけたもので。

というのもNYの予習で建築を調べているとあるブログにいきついてね、サラッと感想が書いてあったわけよ。

 

「言葉を失った。なぜこのたった数年前の単純な事実を忘れていたのだろう。」

 

こうあった。

この記事を見てそういえばと思い、昨日自分が言葉にしたことと繋がるなと感じたのである。

 

滅多にないコンセプトがこの慰霊碑のコンセプトなのではないか!

おそらくこの場所の持つ意味はかなり巨大で、無関係の自分にはほとんど記憶にないが、死者の関係者やその当時アメリカにいた人は一生記憶の中にあるだろう。

この事件に関しては自分もないが、東日本大震災の記憶は明確に自分の頭に刻まれている。その当時中学を卒業し暇な時期である。友達と野球をして遊んでたらグラウンドと電柱が揺れ始めた。

海から離れないとと北に向かい、家族と安否を確認しあい、、

 

これが記憶である。

f:id:sakush0:20170228212930j:plain

 

自分が卒業設計で扱いたい目に見えないものを形にすること。

 

それにも繋がると思い、今回未熟ながら言語化してみた。

見ての通り稚拙な文章で読みにくいことをここでお詫びしたい。

 

まとめ。

建築設計におけるコンセプトを自分で設定する場合、死に関連することを扱うのは評価を受けにくいのではないか。なぜなら評価する側も設計した空間を想像しにくいからだ。他人の経験を超える事実を作り出すのはそうとう難しいのではないかと考えるのである。

 

むしろそこを狙うのはありかもね。

 

ではNY予習続けます。

今回は時間も短いので優先順位つけてガチで効率しか考えません。

無理なことをやります。

壁は壊します。

はやくいきたいですね。